日本列島は豊かな野山に囲まれた先進国でも珍しい環境を持っています。
ただ、美しい野山の風景はただ見るだけなら、その可憐さに心を打たれますが、冬の終わりから春先にかけて山の草木は花粉症の原因物質を盛んに飛散させます。
スギ花粉による花粉症は特に深刻な体調悪化を引き起こします。
花粉症は毎年必ず発生するトラブルですので、自覚症状がある方は冬場から春に向けてコツコツと準備を始めましょう。

スギ花粉鼻水が滝のように流れる、目が真っ赤に充血する等の極めて深刻な花粉症の方々は、地元の専門医に相談し、内服や点鼻薬、専用の目薬、漢方薬を処方してもらいましょう。
お薬代は必要ですが、体調悪化による行動力の低下や作業効率の低下を免れると考えれば、安いコストです。
車の運転やデスクワークの際、花粉症の症状に悩まされていては取り返しが付かない事故やミスが発生しかねません。

最近の治療薬はネット販売を活用して購入できるものが多く、特にザイザルは食事の影響を受けにくい事で人気です。
また、眠くなりにくい治療薬クラリチンも人気があります。
ザイザルは強力な治療薬ですが、服用後に多少の眠気を発症します。
クラリチンはザイザルに比べ効き目が穏やかではありますが、集中力の低下や眠気といった副作用が起こりにくい治療薬です。
こちらはクラリチンの通販サイトで購入が可能です。
一方で比較的症状が毎年軽い方は、サプリメントで対策する方法があります。
サプリメントは医薬品より安価であったり副作用が無いといったメリットがあり、ドラッグストアで買ったり薬と同様にネットショッピングで購入可能です。
アレルギー体質の改善には、EPAやDHAを含むサプリメントが最適です。

花粉症を含む総合的なアレルギー対策が可能であり、眼精疲労やストレス、体の疲労緩和にも良い働きが望めます。
食物繊維やポリフェノールを含む根菜やワインも、花粉症に効果的です。
ただ毎日、対策のために根菜サラダとワインばかり食べる事は出来ませんので、その成分を含むサプリメントを摂取しましょう。

またヌタウナギという変わった魚が体液として分泌するムチンにも花粉症予防のメリットがあります。
ヌタウナギ自体を食べる事は難しいため、ムチンを含有するサプリメントや、ムチンのぬるぬる成分とそっくりなサトイモ、オクラを食べて予防に努めましょう。

おすすめ記事