花粉症の治療と寒暖差による体の影響

寒がりの女性花粉症は、外部から花粉が体に取り込まれたり、免疫機能との反応によって症状が出る病気です。
ただ、花粉の種類や量だけではなく、季節の変化や寒暖差も花粉症状の強さを左右する原因になります。
花粉症の原因となる花粉は、主に春や夏にかけて発生しますが、実は冬でも様々な花粉が飛散を続けています。
また、人によっては冬場の方が、花粉症の症状が強くなったり、咳や鼻水が酷くなるケースもあります。

花粉症が発生し易い季節は、多くの患者にとって厳しい時期なので、特別症状が抜きん出て悪化する状況は稀です。
一方で、季節は病気の症状に影響しますし、花粉症も例外ではないので、寒さに弱い人は人よりも症状が強く出る場合があります。
寒い日に花粉症が悪化する原因は、体温の低下によって免疫力が弱まったり、体の防御機能が変化する事で、外部からの刺激に対する抵抗力が低下する事が主な理由になります。
更には、花粉症に似た症状を引き起こす原因も存在しているので、花粉が少ない季節だからと気を抜いた時に悪化する事もあり得ます。

アレルギー物質は、一つの存在だけではなく、複数が体に悪影響を与える事も考えられます。
花粉に弱い人は、外部からの刺激に対する抵抗力が低い傾向を持ちますが、冬場は花粉だけではなく、埃自体とそれに含まれる物質も刺激を与える原因になります。
特に冬場は、寒さを理由に掃除を怠ったり、換気不足が発生し易くなる季節なので、蓄積した埃等の汚れが花粉に似た原因物質となる切っ掛けに変わります。
冬場の花粉は、他の季節に比べ比較的落ち着いているので、気持ちを緩めたり対策を油断し易くなる時期です。
花粉を甘く考え対策の隙が出来れば、そこに僅かな花粉と埃が共同で作用する事により、免疫力低下と共に症状が悪化し易くなるので注意が必要です。

おすすめ記事