観光ツアーで花粉症予防に点眼薬を携行しよう

点眼薬せっかくの観光旅行も花粉症の辛い症状で台無しになっては楽しめません。
花粉症の代表的な症状は鼻や目に出やすく、とくに目は自覚症状がないうちからアレルギー結膜炎に侵されていることもあるために注意が必要です。
そのため、花粉が飛び交う時期の観光には点眼薬を携行することがお勧めです。

花粉症の対策としての点眼薬には二種類が考えられます。
まず一つは予防として、涙液に似た潤いをたっぷり補給することで花粉を洗い流そうというものです。
これはまだ強い症状が出ていない時期に特にお勧めですし、市販の一般的な目薬で対応できるのでお手軽といえます。
ただしこの場合、刺激性の強いものは避けましょう。

もう一つは花粉症をはじめとするアレルギーに有効な成分を含む、パタノールなどの点眼薬で実際に対処してしまおうというものです。
パタノールは医薬品の分類で、アレルギー症状の目のかゆみや充血などに高い効果を発揮する点眼薬です。
花粉症のシーズン前から使い始めることで、アレルギー症状を予防することもできます。
最近は市販薬にもアレルギーに有効な成分が含まれているものもありますが、明らかに症状が強く出ている場合にはパタノールなどの医薬品のほうが効果的でしょう。
また1つ持っておきたいけど病院で処方を受けるのは面倒だ、という方もいらっしゃるかと思います。
そういった方にはパタノールの通販サイトがあるので、ネットで買うこともできます。
予防といった観点からも、医薬品の点眼薬を1つ持っておくことをお勧めします。

大抵の場合、アレルギーは何か特定の一つの物質だけに反応するものではなく、複数の物質に反応します。
例えばスギの季節が終わったから大丈夫と出歩くと、ヒノキをはじめとする各種針葉樹の花粉に反応することも少なくありません。
また、イネ科に反応する場合は水田の稲だけではなく、多くの雑草もイネ科に属するために注意が必要です。
また特に山歩きでは白樺やハンノキ、その他のカバノキなど、同じグループに属する多種多様な木が生えているため、どれか一つでも反応する花粉があればそのグループ全体の木がレッドカードとなります。

観光先や、その周辺地域には何の植物が生えているかわかりません。
そのため、予防として点眼薬を用意していくことで安心して観光を楽しみましょう。

おすすめ記事